ブログタイトル

大規模修繕が必要な理由を徹底公開!

スタッフブログをご覧いただき、
ありがとうございます!!

石川県金沢市駅西本町の
「プロタイムズ金沢駅西店」

富山県富山市黒瀬の
「プロタイムズ富山中央店」
(レアテック株式会社)
2店舗のスタッフが、
”塗装工事やリフォーム工事って
どんなもの?”
を様々な形でお伝えしていきたいと思います!

みなさま、こんにちは

レアテック株式会社の奥田りさです

 

みなさま、今朝のサッカーW杯カタール大会は

ご覧になりましたでしょうか

日本はスペインに逆転勝利し、(日本2-1スペイン)

決勝トーナメント進出が決まりましたね

次のクロアチアとの試合も全力で応援します

 

今回も、私たち「プロタイムズ金沢駅西店・富山中央店」の

運営会社「レアテック株式会社」、そして

ビルやアパート・マンションなどの大規模修繕の専門家

「RENOBLE/リノブル」が「大規模修繕」に関する情報を、

お届けいたします

 

さて、本日は「大規模修繕が必要な理由」について

お話したいと思います

 

アパート・マンションオーナー様の中には、

もしかしたら「大規模修繕に必要性を感じていない」と

お考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか

 

そうお考えのオーナー様へ、

なぜ収益物件の「大規模修繕」が必要なのか?

その理由を徹底公開していきます

 

その1                        経年によりアパート、マンションの躯体・設備は劣化する

新築時から年数が経つにつれて建物は美観が悪化するだけでなく、

太陽からの強烈な紫外線や風雨、降雪、台風など

様々な環境要因によって外装材の防水性や耐久性能など

保護効果が喪失し、雨水の浸入

つまり雨漏りなどの問題が発生します

 

また、給水管や排水管など、各設備も年数が経過するにつれて

不具合や漏水、水質悪化などの問題も

発生する可能性があります

 

こうした問題を放置すれば構造耐力が低下し、

耐震性能等の低下にもつながりかねないのです

 

この様な事態にならないように、

定期的に建物の各部を点検し、

劣化している部位を修繕することが必要なのです

 

下記の写真は、鉄筋コンクリート造の某マンションです

経年により外壁コンクリートが劣化しています

欠けたコンクリートが居住者様や通行人に当たると

ケガにつながります

事故が発生しないように建物の維持・管理を

しっかりと行っていきましょう

 

その2                        耐震性の不足する建物の存在、               被災後に生活ができなくなる問題

建築基準法には

「震度5強程度の中規模地震では軽微な損傷、

震度6強から7に達する程度の大規模地震でも

倒壊は免れる」という新耐震基準があります

 

この新耐震基準は

昭和56年に建築基準法が改正されて設けられたので、

新耐震基準が適用される以前に建設された

アパート・マンションの中には、

耐震性能が不足し、大地震の際に倒壊する恐れがある建物が

存在しているかもしれません

 

ですので、耐震診断を行い、

診断結果に応じて場合によっては

耐震改修(大規模修繕)することが必要となるのです

 

日本は地震大国であり、

1年間に震度1以上の地震が1,000~2,000回程度

発生しているそうです

いつ地震が発生するかわからないからこそ、

早めに耐震診断を行うことをおススメいたします

 

そして、大規模級な災害の後にも

居住を安心して継続できるようにするためには、

水、電気、ガスなどの

ライフラインの確保や必要に応じた物資などの備え、

災害避難用の防災グッズなどの準備をしておく事も大切ですね

 

その3                        新築住宅と既存ストックの性能の格差が広がっている

20~30年前に建てられたアパート・マンションと

現在の建物全般の性能には大きく隔たりがあります

 

かつてのアパート・マンションでは

バリアフリー性能はほとんど考慮されていませんでしたが、

高経年のアパート・マンションでは

居住者様の高齢化も進んでいることから、

建物および敷地内を障害なく安全、

且つ容易に移動・使用することができるようなバリアフリー対策、

つまりは通路幅を広げたり、

段差にスロープや手すりを設けたりする必要があります

 

他にも、ユニバーサルデザインという、年齢や性別に関係なく、

全ての方のために作られたデザインの物件もあります

 

こういった、周囲の新築物件と比較された際に自分の建物が

選ばれ、入居してもらうためには

時代に合わせて建物を大規模修繕により

グレードアップしていくことが重要になります

建物の魅力度をさらに高めて、入居率も確保していきましょう

 

 

 

 

 

 

 

以上が、

アパート・マンションの大規模修繕が必要な理由になります

 

大規模修繕をする際は、

所有する建物の現状や時代のニーズの変化を正確に把握することが

大切になってきます

 

大規模修繕が必要な理由をおさらいすると、、、

①「建物は経年によって劣化していく」

②「耐震性の不足する建物が存在する」

③「新築住宅と既存ストックの性能の格差が広がっている」

の3つになります

 

これらの大規模修繕の必要性を理解して実行することで、

大切なアパート・マンションをより価値のある物件に

グレードアップすることができます

 

一般住宅をお持ちのみなさまも、

建物の経年による劣化や耐震性などのお悩みをお持ちでしたら

「RENOBLE/リノブル」が解決策をご提案させて頂きます

 

「大規模修繕をお考えの方」、

「大規模修繕をするには何から始めるべきかお悩みの方」は

ぜひ、「RENOBLE/リノブル」へお気軽にご相談くださいませ

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました

次回もよろしくお願い申し上げます

石川県 金沢市 白山市 野々市市 かほく市

河北郡 津幡町 内灘町 小松市 能美市 加賀市

富山県 富山市 高岡市 小矢部市 射水市

魚津市 砺波市 南砺市 滑川市

で 外壁塗装 屋根塗装 をするなら

プロタイムズ金沢駅西店 プロタイムズ富山中央店

にお任せ下さい‼

外壁劣化診断士による外壁調査 診断も無料で行っています‼

プロタイムズ金沢駅西店∞富山中央店
スタッフブログ
今後ともよろしくお願いします

雨漏りが発生しやすい箇所を徹底解説いたします!

スタッフブログをご覧いただき、
ありがとうございます!!

石川県金沢市駅西本町の
「プロタイムズ金沢駅西店」

富山県富山市黒瀬の
「プロタイムズ富山中央店」
(レアテック株式会社)
2店舗のスタッフが、
”塗装工事やリフォーム工事って
どんなもの?”
を様々な形でお伝えしていきたいと思います!

みなさま、こんにちは

レアテック株式会社の山本葉月です

 

紅葉も色づき始め、見ごろとなってきましたね

みなさま紅葉狩りには行かれましたか?

この時期にしか楽しめないことがたくさんあると思われます

健康に気を付けて、素敵な日々をお過ごしください

※11月3日 国立工芸館にて撮影

 

今回も、私たち「プロタイムズ金沢駅西店・富山中央店」の

運営会社「レアテック株式会社」、そして

ビルやアパート・マンションなどの大規模修繕の専門家

「RENOBLE/リノブル」が「大規模修繕」に関する情報を、

お届けいたします

 

さて、前回のブログでは

「冬シーズン到来で知っておきたい!雨漏りのメカニズム」に

ついてのお話でしたが、いかがでしたでしょうか?

目に見えるケースが少なく、

知らない間に雨漏りが進んでいるかもなんて恐ろしいですよね

私自身、家での雨漏りを経験したことがあるため、

二度と雨漏りが起こらないよう定期的な点検を

行っていきたいと改めて思いました

 

そこで本日は

今まで11,000件以上の様々な建物を診断・施工してきた

私たち「RENOBLE/リノブル」だからこそ解る、

雨漏りが起こらないよう定期的にチェックしておくべき

「雨漏りが発生しやすい箇所」を徹底解説いたします

 

①異なる部位・部材を使用している箇所

2種類以上の部位・部材を繋げている箇所にあるシーリング材は、

接着性が弱く、剥がれやすい傾向にあります

また、温度差や風雨、紫外線等の刺激を日々受け続けることで、

シーリング材に「ひび」が入り、シーリング材の

成分が抜けてやせ細る(材料破壊)などの劣化が進みます

その結果、隙間ができ、その隙間から雨水が浸入して

雨漏りが発生します

例えば、外壁やサッシ廻りのシーリング材、

その他各部位・部材を繋げているシーリング材が

それにあたります

シーリング材は建物の様々な箇所にあり、

防水には欠かせない重要な役割を担っています

そのため定期的な点検が大事ですね

※サッシと外壁の取合う箇所

 

②外壁など欠損している箇所

外壁材にひび割れや欠損など、劣化が発生していると

当然そこから内部に雨水が入り込んでしまいます

外壁材が劣化する原因としては、

紫外線を浴び続ける事で防水性能が失われ、

外壁材は水分を吸収しやすい状態になります

この状態で雨が降ると外壁材は水分を吸って膨張し、

晴れた日は逆に外壁材は乾いて収縮を繰り返す

こうした負荷がかかり、ひび割れや欠損などの劣化が

起こってしまうのです

特に石川県では、この劣化が多く、躯体内部に

浸入した水分が冬場に凍って膨張すること(凍害欠損)で、

更に外壁材の割れや欠損が大きな雨漏りに

繋がる危険性が高まるのです

※外壁の欠損した箇所(露筋爆裂)

※塗膜が剥がれ、防水性能を失った外壁材の水分吸収率を検証している様子

③経年劣化による素材の変化

鉄筋コンクリート造のマンションの場合、

コンクリートの経年劣化が原因で、雨漏りが発生している

ケースが多くあります

コンクリートは乾燥をし続けており、乾燥が限界に近付けば、

ひび割れが生じます

また屋上やバルコニーなどの防水材の劣化も

雨漏りの原因となります

例えば、ウレタン塗膜防水であれば、風雨や紫外線等の

影響で防水性能を持っている塗膜が減少、

シート防水であれば、経年劣化によりシートが硬化し、

接着剤が弱まり、シートがめくれたり、破断するなど

防水性能が失われていきます

このように防水性能を失えば、所どころに水は流れ、

建物内部に浸入し、室内への雨漏りに繋がるのです

※屋上防水材ひび割れ捲れ箇所

 

※コンクリートの経年劣化によるひび割れ

 

雨漏りを放置することは、建物の資産価値の低下に

大きく繋がります

また雨漏りは「カビ」や「シミ」などの発生による

外観や内装の美観性低下や、建物内部の構造が

腐食し、安全性や耐震性能が低くなるなど、

二次被害にも繋がっていきます

アパート・マンションのオーナーのみなさまは、

住居者様の暮らしを守るために、

一般住宅をお持ちのみなさまは

過ごしやすい生活環境を維持するためにも

ぜひ、建物の雨漏り予防・対策に、一度、

これらの箇所をチェックしてみてください

 

「RENOBLE/リノブル」は豊富な施工実績で、

的確な調査診断を行います

お気軽にご相談くださいませ

 

アパート・マンションをお持ちのみなさま、

一般住宅をお持ちのみなさまの今後のご参考になれば幸いです

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました

次回もよろしくお願い申し上げます

石川県 金沢市 白山市 野々市市 かほく市

河北郡 津幡町 内灘町 小松市 能美市 加賀市

富山県 富山市 高岡市 小矢部市 射水市

魚津市 砺波市 南砺市 滑川市

で 外壁塗装 屋根塗装 をするなら

プロタイムズ金沢駅西店 プロタイムズ富山中央店

にお任せ下さい‼

外壁劣化診断士による外壁調査 診断も無料で行っています‼

プロタイムズ金沢駅西店∞富山中央店
スタッフブログ
今後ともよろしくお願いします

冬シーズン到来で知っておきたい!雨漏りのメカニズム

スタッフブログをご覧いただき、
ありがとうございます!!

石川県金沢市駅西本町の
「プロタイムズ金沢駅西店」

富山県富山市黒瀬の
「プロタイムズ富山中央店」
(レアテック株式会社)
2店舗のスタッフが、
”塗装工事やリフォーム工事って
どんなもの?”
を様々な形でお伝えしていきたいと思います!

みなさま、こんにちは

レアテック株式会社の奥田りさです

 

11月に入り、2022年も残すところ2カ月となりましたね

暖かかったり寒かったりと不安定な気候が続きますが、

くれぐれもお体を大切になさってくださいね

 

今回も、私たち「プロタイムズ金沢駅西店・富山中央店」の

運営会社「レアテック株式会社」、そして

ビルやアパート・マンションなどの大規模修繕の専門家

「RENOBLE/リノブル」が「大規模修繕」に関する情報を、

お届けいたします

 

 

さて、本日は「冬に知っておきたい雨漏りのメカニズム」について

お話したいと思います

 

11月ということで本格的な冬に入り、

この時期、特に気になるのが「雨漏り」ではないでしょうか

 

現在、皆さまがご所有のアパートやマンションなどの建物で

雨漏りは起きていませんか?

 

「特に居住者の方から言われていないし、うちは大丈夫」

と思っている方は、それは「要注意」です

 

実は、石川県の築15年から20年以上の建物であれば、

建物の外観がきれいでも、

高い確率で雨漏りが発生しています

と言うのも、目に見える雨漏りだけが雨漏りではありません

 

むしろ、雨漏りが目に見えている場合は、

既に末期症状であることが多く、

修繕するにも多額に費用が掛かってしまいます

 

修繕費用を計画的により安く抑えるためにも、

雨漏りは初期段階でしっかりと対策しておくことが

重要なのです

 

実は、弊社「RENOBLE/リノブル」の本社があります、

石川県金沢市では築30年を迎える物件で、

「屋上防水工事を行ったことがあるにも関わらず、

雨漏りが発生した!」と言うケースがありました

 

雨漏りと聞くと、屋上や屋根からの雨漏りを

思い浮かべるかもしれませんが、

雨漏りは屋上や屋根の劣化だけでなく

様々な要因が重なって起きるケースが多いのです

 

ですので、建物を建設した大手建設会社(ゼネコン)なども、

なかなか原因となる箇所を解明することができず、

何度も補修しているのに結局雨漏りを止められないという話を

よく聞きます

そのため、雨漏りは早めに対策することが大切になってきます

 

では、「難しい」と言われる雨漏りにいち早く気付くためには

どのようにすれは良いのでしょうか?

 

まずは、雨漏りのメカニズムを知ることが大切です

 

先ほども言った通り、

雨漏りが目に見えている場合は既に末期の状態、

つまり、初期の雨漏りは目に見えるケースが

少ないという事です

 

建物に雨水が浸入した場合、まず最初に被害を受ける箇所が、

外壁や屋根裏、床下にある断熱材です

断熱材とは、外気を居室内に伝わりにくくする素材で、

外壁と内壁の間に挟まれているので、

普段、私たちの目に触れることがない素材になります

 

その断熱材が雨水を吸い込むと、

断熱材は空気を含むことができず、

十分な断熱効果を発揮できないだけでなく、

カビの発生や躯体の寿命を縮めることにも

繋がってしまうのです

そのため、建物修繕の費用の負担もどんどん増えてしまいます

 

<某木造アパートにて>

外壁からの雨漏りで、断熱材が傷んでいました

屋根裏からの雨漏りで、断熱材が水浸しになっていました

 

 

断熱材は建物の内部にあるため、

劣化になかなか気づくことができず、

知らない間に劣化している可能性があります

古い建物であればその可能性はとても大きいでしょう

 

だからこそ、このような最悪な事態になる前に、

まずは、定期的な建物の点検が必要です

雨漏りは複合的な要因が重なって起きるケースが多いので、

目視調査だけでなく、

紫外線調査など様々な調査診断が行える、

建物診断のプロフェッショナルに点検を依頼することを

おススメいたします

 

石川県は雨漏りが発生しやすい傾向にあるので、

雨漏りにお悩みのアパート・マンションのオーナーの皆さま、

一般住宅をお持ちの皆さまは

ぜひ、「RENOBLE/リノブル」へお気軽にご相談くださいませ

 

アパート・マンションのオーナーの皆さま、

一般住宅をお持ちの皆さまの今後のご参考になれば幸いです

次回は、雨漏りが発生しやすい箇所を徹底的に解説いたします

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました

次回もよろしくお願い申し上げます

石川県 金沢市 白山市 野々市市 かほく市

河北郡 津幡町 内灘町 小松市 能美市 加賀市

富山県 富山市 高岡市 小矢部市 射水市

魚津市 砺波市 南砺市 滑川市

で 外壁塗装 屋根塗装 をするなら

プロタイムズ金沢駅西店 プロタイムズ富山中央店

にお任せ下さい‼

外壁劣化診断士による外壁調査 診断も無料で行っています‼

プロタイムズ金沢駅西店∞富山中央店
スタッフブログ
今後ともよろしくお願いします
1 / 14112345...102030...最後 »

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織