ブログタイトル

外壁モルタルのひび割れ補修について

スタッフブログをご覧いただき、
ありがとうございます!!

石川県金沢市駅西本町の
「プロタイムズ金沢駅西店」

富山県富山市黒瀬の
「プロタイムズ富山中央店」
(レアテック株式会社)
2店舗のスタッフが、
”塗装工事やリフォーム工事って
どんなもの?”
を様々な形でお伝えしていきたいと思います!

外壁モルタルのひび割れ補修について

みなさま、こんにちは!

ブログスタッフの大西 沙季です!

今回は、先日塗装工事をおこなった物件より、

外壁モルタルの補修についてご紹介します。

こちら築45年程の物件、

施工前 (3)

以前劣化調査をした際に

今まで塗装工事を1度もしたことが無いというのことでしたので、

外壁の傷みを大変心配されていました

特に、大きなひび割れが多かったので、

塗装工事をおこなう前に、Uカットシーリング工法にて

ひび割れの補修をしっかり行いました

 

まずは後の塗装工事のために、外壁を高圧洗浄します。

DSC09755

壁面に付着している埃や排気ガスなどの汚れ、

古くなった脆弱な旧塗膜が取れて大変キレイになりますね

次に外壁の補修をおこないます。

今回の物件は、外壁がモルタルで出来ているため、

本来はこのような伸縮目地が入るのですが

DSCF4072

 

45年前の新築時には目地を作られていなかったため、

建物の動きによってあちらこちらにひびか入っていました

CIMG6969

IMG_8968

補修をせずに塗装をした場合、

しばらくすると塗膜が割れてしますので、

ひび割れ部分にシーリング材を充填します

まず、シーリング材の幅と厚みを確保できるように、

ひび割れに沿ってUカットの溝を作ります。

P1220006

そして、シーリング材の付着を良くするためプライマーを塗布し、

P1220010

シーリング材を充填します。

P12200131

今回はひび割れが奥まで貫通していたので、

これで防水対策は万全です

さらに表面をモルタルで埋め戻したら

P1240084

補修の完了です

P1220001

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

IMG_9820

 

塗装をすれば表面はキレイになりますが、

傷んだ部分の根本的な解決にはなりませんね

家を長く使っていくには、

ひび割れは見過ごせない劣化症状ですので、

塗装工事をされる際は適切な方法で

補修をしましょう。

 

このあとの塗装工事については、今後ご紹介させて頂きます

 

プロタイムズ金沢駅西店∞富山中央店
スタッフブログ
今後ともよろしくお願いします

プロタイムズ金沢駅西・富山中央

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織