ブログタイトル

夏時期の塗装は大丈夫??

スタッフブログをご覧いただき、
ありがとうございます!!

石川県金沢市駅西本町の
「プロタイムズ金沢駅西店」

富山県富山市黒瀬の
「プロタイムズ富山中央店」
(レアテック株式会社)
2店舗のスタッフが、
”塗装工事やリフォーム工事って
どんなもの?”
を様々な形でお伝えしていきたいと思います!

こんにちは

ブログスタッフの奥田 奈津季です

北陸地方は梅雨明けし、

いっきに暑くなりましたが皆さま体調は大丈夫でしょうか??

わたしは早くも夏バテ気味です…

以前のブログで梅雨時期の塗装は大丈夫なのかお話ししましたが、

今回は暑い夏時期の塗装についてお話ししたいと思います✨

 

暑い夏に外壁塗装をお考えの方、

換気ができるのか、クーラーは使えるのかなど、

「塗装工事中の生活が心配」と思ってはいませんか❔

夏でも問題なく外壁塗装をすることはできます

業者によって対応が異なり、かつ多少の制限はありますが、

塗装工事中も換気はできますし、クーラーも使用できます

本日は、「夏の外壁塗装」に関する情報をご紹介いたします。

夏の外壁塗装をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

 

夏

先述の通り、暑い夏(7~9月)にも、外壁塗装はできます

具体的には、下記の気象条件を満たしていれば、

問題なく外壁塗装をすることができます。

 

[外壁塗装ができる気象条件]

■気温が5℃より高い

■湿度85%未満

基本的に晴れていれば、夏場でも湿度が85%を上回ることは
まずありませんが、雨が降っている場合、
湿度が85%を上回るため塗装工事はできません。

■強風、降雨、降雪などの気象下ではない

■結露が発生していない

 

上記を満たさない気象条件下で無理やり塗装工事をすると、

施工不良につながる可能性があるため、

上記を満たさない条件下の日は、塗装工事が中止となります。

ただし、足場の設置や洗浄など、塗装以外の工程については、

気温が5℃以下や雨の日でも作業を進める事が出来ますよ

 

2.押さえておきたい!夏に外壁塗装をするメリット&デメリット

「夏に外壁塗装ができることはわかったものの、

果たして夏に外壁塗装をするのがいいのだろうか…」

と悩まれている方へ、

次は夏に外壁塗装をするメリット・デメリットを

ご紹介いたします。

 

2-1.夏に外壁塗装をするメリット

●メリット①|希望のスケジュールで塗装工事ができる可能性が高い

スケジュール

一般的に塗装工事の人気時期は、秋と春です。

夏場は不人気というわけではありませんが、

人気時期ではありません。

人気時期ではない夏場は、比較的スケジュールに余裕のある

塗装業者が多く、人気時期に比べると希望のスケジュールで

塗装工事ができる可能性が高い傾向にあります。

 

●メリット②|日照時間が長いため、作業時間を十分に確保できる

夏は日照時間が長いため作業時間を十分に確保できる

というのもメリットの一つです

夏場は、早々に暗くなったために、

途中で作業を中断せざるを得ないということがなく、

その日の作業は、その日のうちに終わらせることができます。

そのため、作業を翌日に持ち越すなどして

スケジュールが後ろに倒れるということは、まずありません。

(※気候によっては、スケジュールが後ろに倒れることもあります。)

ちなみに、塗装業者は事前に細かく計画を立てて

塗装工事を進めていくため、日照時間が長く明るいからといって、

毎日遅くまで塗装工事をするというわけではありません。

塗装工事の開始時間・終了時間に希望がある場合は、

事前に塗装業者と相談しておけば安心です

 

2-2.夏に外壁塗装をするデメリット

●デメリット① |夏は夕立が多く、夕立が降ると塗装工事が中断する

雨

暑い夏に多い、突然の夕立。

先述の通り、雨が降ると塗装工事はできないため、

途中で中断することになります。梅雨ほどではありませんが、

夏場も夕立(雨)によるスケジュールのズレが

発生しやすい季節と言えます。

 

●デメリット②| 塗装工事の日程がお盆とかぶると工期が長くなる

お盆期間中は塗装業者も休みに入るため、工事がストップします。

そのため、塗装工事の日程がお盆とかぶると、

お盆の期間の分だけ、工期(トータルの工事日数)が

長くなることになります。

「工事途中でお盆を迎えたくない」という場合は、

“お盆前に終わらせるorお盆後にはじめる”

スケジュールで塗装工事を依頼しましょう

お盆前に終わらせるスケジュールを考える際には、

塗装工事は天候によっては長引くことも想定して、

うっかりお盆とかぶらないように、

余裕をもったスケジュールにする必要があります

 

3.夏場、外壁塗装中も快適に過ごすためには業者選びが重要

3-1.快適に過ごせるかどうかは業者次第

塗装業者

「クーラーが使用できるようにする」「換気ができるようにする」

といったことは、塗装工事とは直接関係のない

+αの対応となります。

依頼する塗装業者によっては、

塗装工事中にクーラーが使用できない、

換気もできないということも十分考えられます。

そのため、夏場、外壁塗装中も快適に過ごすためには、

「クーラーが使用できるようにする」「換気ができるようにする」

といったことを丁寧に対応してくれる塗装業者に

依頼をする必要があります。

 

3-2.外壁塗装中も快適に過ごすために|契約前に確認したい2つのこと

「クーラーが使用できるようにする」「換気ができるようにする」

といった対応をしてくれる塗装業者かどうかは、

契約前に確認しておくと安心です。

夏場、外壁塗装中も快適に過ごせるように配慮のある

対応をしてくれる塗装業者であれば、

少なくとも、この2つのポイントはクリアしているはずです。

 

☑外壁塗装中もクーラーが使えるように対応してくれる

室外機

クーラーが使用できるかどうかは、

塗装業者の養生のやり方次第です。

養生とは、塗装工事をする際、塗装しない箇所を汚さないように

養生シート等で覆うこと。

この養生をする際、クーラーの室外機もその他の箇所と同様に

養生シートで覆ってしまうと、吸排気ができなくなるため、

クーラーは使用不可となります。

クーラーを使用できるように養生してくれる塗装業者であれば、

吸排気ができるよう養生シートに穴をあけるか、

専用カバーやメッシュカバーなどを用いて

養生をしてくれるはずです。

 

☑外壁塗装中も換気できるように対応してくれる

窓

大前提として、外壁塗装中は、好きな窓やドアを好きな時に

開けられるわけではありません。

足場の組み立て時・洗浄時・養生時は

すべての窓やドアを開けることができません。

そして、その他の工程においても、塗装工事の箇所等によって、

窓やドアが開けられないこともあります。

とはいえ、塗装工事中ずっと、

すべての窓やドアが開けられないわけではなく、

塗装業者の協力があれば、外壁塗装中のおおよそ2/3は

窓やドアを開けて換気ができます。

換気ができるように対応してくれる塗装業者の場合、

まず、養生のやり方が違います。

窓やドアを養生でふさいでしまうと、

窓やドアは工事中ずっと開けられない状態となるため、

換気のために開けることを想定して、

窓やドアを養生してくれるはずです。

そして、どの窓やドアを開けることができるかを

細かく教えてくれるでしょう。

塗装工事の箇所によっては、

反対側の窓やドアが開けられることもあるため、

そうした情報を伝えてくれるかどうかも、

重要なポイントとなるわけです。

 

契約前に細かなところまで確認するのは難しい面もありますが、

まずは塗装工事中も

「クーラーは使用できるのか」「換気はできるのか」

を尋ねてみてください

 

 

まとめ

今回は夏の外壁塗装について解説しましたが、

いかがでしたでしょうか。

暑い夏にも問題なく塗装工事はできますが、

夏に外壁塗装をするかどうか迷われている方は、

2章のメリット・デメリットを参考に

検討してみるのがオススメです。

また、「夏の外壁塗装」を決めた方は、

夏場、外壁塗装中も快適に過ごせるように、

3章の内容も踏まえて業者選びを賢く進めましょう

石川県 金沢市 白山市 野々市市 かほく市

河北郡 津幡町 内灘町 小松市 能美市 加賀市

富山県 富山市 高岡市 小矢部市 射水市

魚津市 砺波市 南砺市 滑川市

で 外壁塗装 屋根塗装 をするなら

プロタイムズ金沢駅西店 プロタイムズ富山中央店

にお任せ下さい‼

外壁劣化診断士による外壁調査 診断も無料で行っています‼

プロタイムズ金沢駅西店∞富山中央店
スタッフブログ
今後ともよろしくお願いします

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織