ブログタイトル

シャッター塗装について

スタッフブログをご覧いただき、
ありがとうございます!!

石川県金沢市駅西本町の
「プロタイムズ金沢駅西店」

富山県富山市黒瀬の
「プロタイムズ富山中央店」
(レアテック株式会社)
2店舗のスタッフが、
”塗装工事やリフォーム工事って
どんなもの?”
を様々な形でお伝えしていきたいと思います!

 

みなさまこんにちは

ブログスタッフの山 理美です

本日はシャッター塗装についてご紹介していきます。

シャッター塗装

シャッターも外壁や屋根と同じく経年劣化していきます

経年劣化によって気になってくるのが、

錆び・色褪せ・塗膜のはがれなどの劣化症状です

お部屋に面しているわけではほとんどないし、

錆びていたり、劣化していても

そんなに気にならないかなーという方も

いるかもしれませんが、

シャッターは道路に面していることが多いので、

人目に付きやすいところなんです

 

シャッターといっても、

倉庫やガレージのシャッター

雨戸シャッターなどなど

さまざまな種類があり、素材も多様です。

シャッターの塗装は、素材や種類・メーカーによっても

異なりますが、おおよそ5~10年周期での塗装が目安です

シャッター塗装の工程はこのようになります⇩

ケレン(下地処理)


ワイヤーブラシやマジックロン、サンドペーパーなどの

専用の道具を使って、旧塗膜や錆びを除去します

ケレン作業を怠ると、早期の塗膜はがれにつながります

洗浄


ケレンで除去した錆びや塗膜をはじめ、

ほこりやカビ、こけなどをしっかり洗い流します。

洗浄が甘く、ほこりなどがとりきれていないと、

塗料がしっかりと密着してくれないので

洗浄し忘れがないよう注意が必要になります。

下塗り


下塗り材を塗布します

シャッターですので、錆止め入りの下塗り材を

使用するのがベストです

中塗り・上塗り


下塗り材の上から、さらに中塗り材・上塗り材を塗布します

 

以上の工程をおこなって完成になります。

基本は、外壁などの塗装工程と同じですが、

錆止め材の使用は

忘れてはいけない部分になりますので注意が必要です

 

シャッターの劣化が気になる方や、

シャッターの色を変えてみたいな、という方ももちろん

色が落ちてきているから塗り直ししたい、なんて方も

ぜひご相談くださいませ

 

セミナーのご案内

屋根や外壁で悩んでいることや

気になっていることはありませんか❔

そんなみなさまの悩みを解決するためにセミナーを開催します❢

日にち   7月22日(土)

場所①   ①金沢勤労者プラザ       204研修室

場所②   ②野々市市文化会館フォルテ   セミナールーム

時間    9:30~11:30

詳しくはイベント情報かこちらへお電話ください📞

📞電話番号 0120-969-076

お気軽にお電話ください📞

プロタイムズ金沢駅西店∞富山中央店
スタッフブログ
今後ともよろしくお願いします

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織