ブログタイトル

外壁診断の劣化って?(モルタル編)

  スタッフブログをご覧いただき、
ありがとうございます!!

石川県金沢市駅西本町の
「プロタイムズ金沢駅西店」

富山県富山市黒瀬の
「プロタイムズ富山中央店」
(レアテック株式会社)
2店舗のスタッフが、
”塗装工事やリフォーム工事って
どんなもの?”
を様々な形でお伝えしていきたいと思います!

モルタルの外壁での劣化ご紹介

みなさま、こんにちは!

ブログスタッフの三上麻美です。

今回は、モルタルの外壁でどのような劣化が

あるかをご紹介します!

モルタルでの外装で建てられたお宅には

大抵、新築時にリシン等の吹付け塗装が

されていると思います。

そしてモルタル壁の最大の特徴は、

この 伸縮目地 です。

北面 (30)

だいたい900〜910mmのスパンで

目地が入っていることがほとんどですね。

南面 (27)

伸縮目地の役割は

ひび割れが入りやすいモルタルが

伸び縮みした時に、ここで割れてくださいねー と

いった 誘発目地 の役割があります。

P8052448

割れるためのような伸縮目地ですが

このひび割れも長く補修をしないままでは

漏水の原因ともなります

改修時には必ずシーリング充填での補修が重要です!

さらに たまに伸縮目地の間隔が広いところがあると、

DSCF9086

このようにタテヨコひび割れが入ってしまったり、

PC250266

 開口部(窓枠)の下からひび割れが入っているのを

見かけます。

また、モルタル壁は、

PC250152

こんな感じや、

PC250154

こんな感じでコーナー部にひび割れが最も出やすいです。

開口部周辺は漏水の可能性が高くなりますので

補修が必要です!

最後にもうひとつ…

ひび割れの出やすいモルタル壁ですが、タテのひびより、

ヨコのひび に注意です!!

PC2501522

ヨコのひびは、壁を流れてきた雨水を

全てひび割れ部で受けてしまうため、

強風時にはかなりの量の雨水が内部へ押し込まれます。

外壁はお水が入った瞬間に劣化が進行します

モルタル壁はひび割れがないか常に意識すると

いいですよね

プロタイムズ金沢駅西店∞富山中央店
スタッフブログ
今後ともよろしくお願いします

プロタイムズ金沢駅西・富山中央

今日の作業紹介(マンション共用廊下塗装工事)

スタッフブログをご覧いただき、
ありがとうございます!!

石川県金沢市駅西本町の
「プロタイムズ金沢駅西店」

富山県富山市黒瀬の
「プロタイムズ富山中央店」
(レアテック株式会社)
2店舗のスタッフが、
”塗装工事やリフォーム工事って
どんなもの?”
を様々な形でお伝えしていきたいと思います!

名工職人の仕事をご紹介

みなさま、こんにちは!

ブログスタッフの大西 沙季です!

今日は、弊社の名工職人 鍛治の作業をご紹介します。

今回は、マンションの共用廊下壁面の塗り替えをおこないました。

共用通路2~7階
塗り替え前の状況です。

一見きれいですが、年数が経過すると…

CIMG4641
どうしても汚れがめだちはじめますね

居住者の方のためにもキレイにしたい

とのオーナー様のご希望から、

塗り替えをすることとなりました。

まず下塗りをおこないます。

DSCF0929
下塗り材は上塗材との密着力を高めてくれます。

 

そして仕上げの上塗材を塗布していきます。

P2091306
ムラのないよう均一に仕上げていきます。

名工の技術ですね

今回は階数によって違う配色で仕上げました。

P2151427

P2151435
淡いイエローとブルーで雰囲気が明るくなりましたね

奥の非常階段の扉も黒に塗り替え、ピカピカになりました

これで施工は完了です。

 

プロタイムズ金沢駅西店∞富山中央店
スタッフブログ
今後ともよろしくお願いします

プロタイムズ金沢駅西・富山中央

モルタル/窯業系サイディング

 スタッフブログをご覧いただき、
ありがとうございます!!

石川県金沢市駅西本町の
「プロタイムズ金沢駅西店」

富山県富山市黒瀬の
「プロタイムズ富山中央店」
(レアテック株式会社)
2店舗のスタッフが、
”塗装工事やリフォーム工事って
どんなもの?”
を様々な形でお伝えしていきたいと思います!

外壁の種類について

みなさまこんにちは。

ブログスタッフの山 理美です。

今日も金沢は雪景色です

10cmくらい積もっていますかね・・・

外に出る際は足元や運転など充分気をつけないといけませんね

今日は住宅の外壁2種類の特徴をお伝えします!

 

モルタル(湿式工法)

DSC01176

砂(細骨材)とセメントと水を練り混ぜてつくったモルタルを、

外壁として塗り、その上からリシン吹き付けなどの塗装で

仕上げた壁のことをいいます。

モルタルの外壁はひび割れが生じやすく、

そこから、雨などの水分が内部に入り込んでしまいます。

モルタル自体の防水性能は低く、仕上げに塗った塗装が

防水の役割を果たしています。

また、ひび割れを誘発するための

伸縮目地があるのも特徴です。

 

窯業系サイディング(乾式工法)

P8022251

セメントを主原料とした素材で、防火性・耐久性に優れています。

サイディングとサイディングの継ぎ目は

シーリング材が充填されています。

シーリング材は5~7年で劣化(剥離・ひび割れなど)が

顕著に現れます。

タイル調やレンガ調など、豊富なデザインがあり、

最近では外壁材の主流となっています。

サイディング自体の防水性能は低く、

表面の塗膜が防水の役割を果たしていますが、

多くは工場でのプリント塗装のため、

10~15年のうちに塗装による改修がおすすめです。

 

簡単に2つの外壁材の特徴を挙げてみました。

皆さまのお宅の外壁は上記の2つに当てはまるでしょうか?

上記2つ以外にもカラー鉄板や金属サイディング、

ALC版やPC版、タイル張りなどなど

外壁の素材もいろいろありますね。

 

モルタルと窯業系サイディングは上記で

紹介した通り、素材自体の防水性能はほとんどありません。

素材の上に塗装をすることで

その塗膜が防水の役割を果たしているのです

 

なので、リフォームでの外壁の塗替え工事は、

ただ見た目などがきれいになるだけでなく、

外壁の防水性を高めるという大事な役割があるんですよ!

 

どちらも最初の塗装の防水が切れて水が入ってしまう前に

改修することが安あがりへの近道です!

 

プロタイムズ金沢駅西店∞富山中央店
スタッフブログ
今後ともよろしくお願いします

プロタイムズ金沢駅西・富山中央

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織