ブログタイトル

正確な診断と見極めた補修で雨漏りをストップ!①

スタッフブログをご覧いただき、
ありがとうございます!!

石川県金沢市駅西本町の
「プロタイムズ金沢駅西店」

富山県富山市黒瀬の
「プロタイムズ富山中央店」
(レアテック株式会社)
2店舗のスタッフが、
”塗装工事やリフォーム工事って
どんなもの?”
を様々な形でお伝えしていきたいと思います!

みなさま、こんにちは

ブログスタッフ、レアテック株式会社の羽根木晃子です。

 

今回も、私たち「プロタイムズ金沢駅西店・富山中央店」の

運営会社「レアテック株式会社」、そして

ビルやアパート・マンションなどの大規模修繕の専門家

「RENOBLE/リノブル」が「大規模修繕」に関する情報を、

お届けいたします

 

 

先日、6月6日頃に関東甲信地方で梅雨入りしたとの発表が

されました

昨年よりも8日早く、平年より1日早い梅雨入りだそうですね。

まだ梅雨入りしていない地域にお住いの皆さまにも、

これから来る梅雨のシーズンに備えて

今回は弊社「RENOBLE/リノブル」で実際に行った、

雨漏りの調査診断と修繕の事例をご紹介いたします

 

 

 

今回ご紹介する雨漏り修繕を行った建物は、石川県金沢市にある、

SRC(鉄骨鉄筋コンクリート)造、10階建て、総戸数29戸の

築30年を迎えた某マンションです

 

過去に一度、大規模修繕工事を行ったそうですが、その後、

とある一室で雨漏りが発生しました

こちらの物件を建設した準大手建設会社でも雨漏りの原因が

全く分からずその下請け業者が何度も何度も補修を行った

のですが、雨漏りを止めることができず

入居者の方も怒り管理会社も困り果てた故に

弊社「RENOBLE/リノブル」に調査のご依頼をいただきました。

 

ちなみに雨漏りしていた場所は寝室の天井、ダウンライト廻りから

でした...ベッドの上がずっと漏水しているなんて、お住まいの

方は本当に嫌ですよね

 

そして我々が建物の漏水調査診断を行った結果

雨漏りの原因は...

 

①サッシュ廻りシーリング、及びサッシュ水切りシーリングの

劣化破断

②出窓天端吹付部のひび割れ(クラック)や、塗膜の劣化による、

防水性能の消欠

③出窓に取付けされている、格子取付け金物接合部隙間からの

雨水浸入

④その他、各所部材の取合い部分からの雨水浸入など

 

こちらは、雨漏りの原因①サッシュ廻りシーリングの写真↓

金沢市 大規模修繕※シーリングが切れて隙間が出来ています

 

 

またこちらは、雨漏りの原因②の出窓天端の写真です↓

※ひび割れと、塗膜の剥離が見受けられます

 

以上、様々複雑な要因が重なって漏水した、「複合原因」と

診断を確定しました。

 

調査診断結果を建設会社と、管理会社の方々に詳しくお伝えした

ところ、「RENOBLE/リノブル」に補修・修繕も行って欲しいとの

ご依頼もいただきまして、弊社にて雨漏り修繕工事を行いました。

 

 

今回は、①のサッシュ廻りシーリング、サッシュ水切りシーリング

の劣化破断部の補修処置からお伝えします。

 

 

 

その前に、実はその雨漏りの原因となっていた箇所は、

部分的に「シーリング工事」による補修の跡があったのです

ですが、それは、既存のシーリング材の上からシーリング材を

充填する「増し打ち工法」によるシーリング工事の補修跡で、

この施工方法では結局、雨漏りが止められなかったのです

 

「増し打ち工法」によるシーリング工事の補修跡の写真↓

※サッシュと外壁が接している部分(取合いと言います)を白色のシーリングで埋めている箇所が補修跡になります。

 

ではなぜ?「シーリング工事増し打ち工法」では、

雨漏りは止まらなかったのでしょうか?

 

それは、劣化して固まったシーリング材の上から

新たなシーリング材を充填しても、古いシーリング材と

新しいシーリング材はなじまず、接着面が弱いため、

結局すぐに隙間ができたり、シーリング材が剥がれたりして

しまうのです

 

つまり残念ですが、こちらの建物の場合、

先ほども言った通り様々な要因も重なっての漏水でしたので、

増し打ち工法によるシーリング工事では、

一時的に雨漏りだろうと思う箇所を上から補修しただけで、

根本的には雨漏りを止めることができなかったのですね

 

 

 

弊社「RENOBLE/リノブル」が行った、

①サッシュ廻りシーリング、及びサッシュ水切りシーリングの

劣化破断部の施工方法は、しっかりとした足場を設けるために、

仮設ゴンドラを設置した「シーリング打替え工法」です

 

 

漏水が発生した場所が最上階であったため、やはり屋上防水部分

から繋がる笠木の天端も全て確認するため、仮設ゴンドラを使用

しての施工となるのです。

※もちろん、高所作業のプロとして安全第一で作業を行います!

 

 

先ずは、劣化したシーリング材を撤去して、

きれいに接着部分の清掃をします。

金沢市 大規模修繕

 

 

そして、施工範囲の周りをマスキングテープで養生し、

しっかりとプライマーを塗ります。

金沢市 大規模修繕※このプライマーは、シーリング材の接着性を高める下塗材です。

 

 

その後、部位・取合いに合ったシーリング材を充填して...

 

 

充填したシーリング材をヘラで押さえ仕上げます。

 

 

シーリング打替え工事が完了した写真がこちらです

金沢市 大規模修繕キレイに仕上がりました

 

 

シーリング増し打ち工法による補修跡も↓

ご覧の通りキレイになりました

 

 

「シーリング打替え工法」のポイントは、

被着面の確実な既存シーリング材撤去と、

密実なプライマー塗布が重要となります

劣化したシーリング材を全て取り除き、

丁寧にプライマーを塗り新たにシーリング材を充填することで、

シーリング防水材としての性能はきちんと発揮できるのです

 

今回ご紹介した事例のように、複雑な要因が重なって漏水している

場合、これらの難しい漏水補修や改修は、場数や経験、実績が豊富

で診断に長けた人でないと、原因を追求し、速やかに止水し、

補修や改修することは困難です。

 

 

雨漏り修繕に限らず、建物を維持管理し長持ちさせるためには、

建物の劣化状況とそれに合った施工方法を見極められる

施工業者を選ぶ事こそが、とても重要となります

 

このブログをご覧の方の中で、

もし現在「雨漏りで困っている」そんなお悩みをお持ちでしたら、

一度、弊社「RENOBLE/リノブル」にご相談ください

 

私たち「RENOBLE/リノブル」は、

建物調査診断と施工技術に絶対の自信を持っております

どんなお悩みでも、まずは一度、お気軽にご相談くださいませ

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました

次回もよろしくお願い申し上げます

 

 

石川県 金沢市 白山市 野々市市 かほく市

河北郡 津幡町 内灘町 小松市 能美市 加賀市

富山県 富山市 高岡市 小矢部市 射水市

魚津市 砺波市 南砺市 滑川市

で 外壁塗装 屋根塗装 をするなら

プロタイムズ金沢駅西店 プロタイムズ富山中央店

にお任せ下さい‼

外壁劣化診断士による外壁調査 診断も無料で行っています‼

プロタイムズ金沢駅西店∞富山中央店
スタッフブログ
今後ともよろしくお願いします

築30年以上が経っていたら必ずあります!放っておけない劣化にご注意!

スタッフブログをご覧いただき、
ありがとうございます!!

石川県金沢市駅西本町の
「プロタイムズ金沢駅西店」

富山県富山市黒瀬の
「プロタイムズ富山中央店」
(レアテック株式会社)
2店舗のスタッフが、
”塗装工事やリフォーム工事って
どんなもの?”
を様々な形でお伝えしていきたいと思います!

みなさま、こんにちは

ブログスタッフ、レアテック株式会社の羽根木晃子です。

 

本日で5月も最後の日、

つまり2022年も5ヵ月が過ぎようとしております。

月日が経つのは本当に早いものですね~

5月最後の日も、頑張ってまいりましょう

 

今回も、私たち「プロタイムズ金沢駅西店・富山中央店」の

運営会社「レアテック株式会社」、そして

ビルやアパート・マンションなどの大規模修繕の専門家

「RENOBLE/リノブル」が「大規模修繕」に関する情報を、

お届けいたします

 

 

本日は、

「築30年以上が経っていたら必ずあります

放っておけない劣化にご注意」と題して

お話したいと思います。

 

建物が竣工して30年以上が経過しようとしている物件をお持ちの、

アパート・マンションオーナー様の中には、建物の劣化がやっぱり

かなり気になっている方も多いのではないでしょうか?

 

実際に、弊社「RENOBLE/リノブル」の本社があります、

石川県金沢市では築30年を迎える物件で、

「屋上防水工事を行ったことがあるにも関わらず、

雨漏りが発生した」と言うケースがありました。

 

「防水工事をしているのに雨漏りするなんて...

と、お考えの方もいらっしゃるかも知れませんが、

実は、築30年が経過した物件の場合、屋上だけでなく、

屋上の近傍である笠木廻りや、外壁、目地(めじ)から

雨漏りが発生する事がよくあるのです

 

そしてこのような雨漏りの場合、建物を建設した大手建設会社

(ゼネコン)なども、なかなか原因となる箇所を解明することが

できず、何度も補修をしているのに結局、

雨漏りを止められない...

そんな話をよく聞きます。

 

このように、いくら雨漏り工事を行っても、

原因が分からなければ一向に雨漏りを止めることができず、

無駄に工事費用を支払う事や、大家さんとしては「心配事」の

ストレスとなってしまいます

 

そこで!今回は調査診断・改修工事の専門家

「RENOBLE/リノブル」だけが知る、

実は雨漏りの原因になりやすい

築30年以上も経ったら特に気を付けたい劣化箇所とポイントを

ご紹介いたします

 

 

 

気を付けたい箇所、それは...「シーリング材」です

雨漏りの原因として多いのが、実は各部位の取合いに施されている

シーリング防水材」なのです

 

以前のブログにも書かせていただいておりますが、

「シーリング工事」とは、外壁ボードや窓のサッシなどが取合う

部分にシーリング材を充填して、隙間を埋める工事を言います。

シーリング材はゴム状で弾力性がある防水材で、そのシーリング材

を部材や設備の取合う隙間に埋める事で、建物内部に雨水が浸入

するのを防いでおり、「防水性・水密性・気密性」を高めて、

建物を漏水から守ってくれているのです。

 

ですが!

このシーリング材は外壁よりも早い年数で劣化していきます

 

建物の築年数が長い場合、特に気を付けておくべき箇所は、

窓廻りなど目地のシーリング材」と、

「外壁の水平や誘発目地のシーリング材」です。

 

↓こちらの写真をご覧ください。金沢市 大規模修繕「窓廻りのシーリング材」が劣化している写真です。

シーリング材が切れて破断しています

 

↓次にこちらの写真をご覧ください。金沢市 大規模修繕「外壁水平目地シーリング材」の劣化写真です。

シーリング材が硬化してひび割れ、剥離しています

 

ご覧のような箇所のシーリング材劣化が原因で、

漏水が起きている現場を私達は何度も何度も見てきました

ですので、まずは一度「シーリング材」を触ってみて、

弾力性などの性能が落ちていないか確認してみてください

 

もし、シーリング材が切れていたり、剥がれていたり、

手に白い粉(チョーキング)が付いたりする場合は、

早急にシーリング改修(打替え)工事を実施することを

「おススメ」いたします

 

最後に、築年数が長くなっている建物は、

外観の見た目が多少キレイでも

雨漏りが発生する可能性が充分にある事を覚えておきましょう

 

そして、シーリング材を触ってみるなど、

定期的なセルフチェックを行い、

早めの対処をするように心がけましょう

 

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました

次回もよろしくお願い申し上げます

 

 

石川県 金沢市 白山市 野々市市 かほく市

河北郡 津幡町 内灘町 小松市 能美市 加賀市

富山県 富山市 高岡市 小矢部市 射水市

魚津市 砺波市 南砺市 滑川市

で 外壁塗装 屋根塗装 をするなら

プロタイムズ金沢駅西店 プロタイムズ富山中央店

にお任せ下さい‼

外壁劣化診断士による外壁調査 診断も無料で行っています‼

プロタイムズ金沢駅西店∞富山中央店
スタッフブログ
今後ともよろしくお願いします

雨漏りから起こる被害やトラブル事例

スタッフブログをご覧いただき、
ありがとうございます!!

石川県金沢市駅西本町の
「プロタイムズ金沢駅西店」

富山県富山市黒瀬の
「プロタイムズ富山中央店」
(レアテック株式会社)
2店舗のスタッフが、
”塗装工事やリフォーム工事って
どんなもの?”
を様々な形でお伝えしていきたいと思います!

みなさま、こんにちは

ブログスタッフ、レアテック株式会社の羽根木晃子です。

 

今回も、私たち「プロタイムズ金沢駅西店・富山中央店」の

運営会社「レアテック株式会社」、そして

ビルやアパート・マンションなどの大規模修繕の専門家

「RENOBLE/リノブル」が「大規模修繕」に関する情報を、

お届けいたします

 

早いもので5月も中盤を過ぎてしまいました

先日のゴールデンウィーク中、5月4日に沖縄地方では

梅雨入りしたとの発表がありましたね

今年2022年はどうやら梅雨入り・梅雨明けが平年よりも

早くなるとの予想がされております。

 

前回のブログでは、雨漏りの対策となる建物の

チェックポイントをご紹介しましたが、今回は、雨漏りから

起こるトラブルについて、解説したいと思います

 

雨漏りの被害には

【雨漏りの浸水による被害】と、

【雨漏りから生じる二次被害】

の2種類があります。

その被害について、それぞれ解説していきます。

 

 

①【雨漏りの浸水による被害】

雨漏りの浸水による被害とは、天井や壁にシミができ、

家財や家電が濡れて故障してしまう等の被害です。

また、建物内部に浸水することで、建物の鉄骨や木材が

傷んでしまい、建物の安全性が担保されなくなる、つまり、

その建物に安心して住めなくなる可能性も出てきます

 

〈屋根から漏水し、天井裏を伝って部屋の中に雨漏りをしている〉

場合を想定して、詳しく解説します。

 

まず、浸入した水分が壁を伝うと、壁紙の隙間にも水分が浸入し、

その隙間にはカビが生えます。

そして当然、壁紙は剥がれてきます。

壁の内部の断熱材と壁紙そのものも水分を吸収し、

部屋の内壁表面にもカビが生えて黒ずんでしまいます。

そして断熱材は傷み、断熱材としての機能や効果も無くなって

しまいます。さらに、内断熱型の断熱材ですと、いったん水分が

染み込むと、壁の内部が密閉されているため中々乾きません

そのため柱や間柱が腐ってくる上に、そのまま水分が下に伝わって

いき、土台までもが腐ってしまう事にもなります

 

 

金沢市 大規模修繕

こちらは、とあるアパートの漏水調査をした時の写真です

屋根材や柱、断熱材にも雨水が染み込み、階下の部屋に雨漏りして

いました

 

もし建物が、土台の上に柱が乗っている工法で建てられている

場合、柱が土台にめり込んでいき、アパートなど建物全体が

少しずつ傾いてしまう事にもなりかねないのです

 

そして、そのような状態でもし、地震が発生したならば...

恐ろしい事態になる事は、皆さまにもご想像できますよね

 

 

②【雨漏りから生じる二次被害】

次に雨漏りから生じる二次被害ですが、雨水の湿気により

シロアリやダニなどの害虫や、カビが発生する被害を言います。

 

アパートの屋根からの漏水で、部屋の内部に雨漏りが発生している

場合、間違いなく天井裏はカビだらけでしょう。そして、その部屋

の中も湿気が増しますので、内壁表面にもカビが生えます。

 

金沢市 大規模修繕

こちらも、とある物件の雨漏り調査時の写真です

屋根裏から染み込んだ雨水により、白色の壁紙が、ご覧の様に

カビて黒ずんでしまってました

 

このような部屋に住んでいる方が呼吸をするたびにカビの成分を

吸い込むことになり、アレルギー反応やストレスを感じるなど、

健康に悪影響を及ぼし、住んでいる方が退居してしまう可能性も

出てきます

 

アパートの「小さなカビ」を放置していると、入居者の方が退居

してしまう「大きなリスク」につながるのです

 

以上、2つの雨漏りによる被害を解説しました。

 

このように、雨漏りによる被害を放置していますと、

確実に建物の状態と住環境が共に悪化していきます

また建物の規模が大きくなるほど、雨漏りの原因箇所の特定は

難しくなり、被害も大規模になる恐れが...

わずかな雨漏りだと思って放置していたら、被害はどんどん深刻化

してしまいます

 

アパートやマンションなどで発生した雨漏りを放置すれば、

入居率はどんどん低下し安定した家賃収入を得る事も

難しくなってしまうのです。

 

このような手遅れの状態となる前に、

そして建物の資産価値を低下させないためにも、

まずは、「雨漏りを放置しない」事が非常に重要となります

 

私達「RENOBLE/リノブル」はこれまで数多くの雨漏り調査を

行い、そのほとんどの原因を究明し雨漏りを止めてきました

 

「今現在、雨漏りが発生して困っている」、

「今まで何度、手を尽くしても雨漏りが止まらなかった」

など雨漏りでお悩みの方は、一度、「RENOBLE/リノブル」に

ご相談くださいませ

 

私たちが、雨漏りの原因を突き止め、お客様にとって最善の方法で

工事のご提案をさせていただきます

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました

次回もよろしくお願い申し上げます

 

 

石川県 金沢市 白山市 野々市市 かほく市

河北郡 津幡町 内灘町 小松市 能美市 加賀市

富山県 富山市 高岡市 小矢部市 射水市

魚津市 砺波市 南砺市 滑川市

で 外壁塗装 屋根塗装 をするなら

プロタイムズ金沢駅西店 プロタイムズ富山中央店

にお任せ下さい‼

外壁劣化診断士による外壁調査 診断も無料で行っています‼

プロタイムズ金沢駅西店∞富山中央店
スタッフブログ
今後ともよろしくお願いします

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織